PSMA治療の概要

去勢抵抗性前立腺がんとは
 前立腺がんは、早期に適切に手術や放射線治療をすれば命にかかわることなく完治を目指すことができます。しかし、残念ながら再発しまった例や進行した例では、通常、男性ホルモンの分泌を抑えたり働きを抑制するホルモン治療を行います。ホルモン治療を行ったにもかかわらず再発してしまったものを、去勢抵抗性前立腺がんといいます。去勢抵抗性前立腺がんに対しては、近年新しい薬剤が登場して治療の選択肢が増えていますが、それらの薬剤を使用しても再発進行してしまうがんがあります。そうなると、それ以上は進行を食い止める手だけがないのが実情です。
ルテチウムPSMA治療(Lu-PSMA治療)
 ルテチウム は原子番号71の元素で元素記号は Lu、原子量は174.967の希土類元素の一つのです。177-ルテチウムはベータ線を発生する放射線元素で、半減期は6.7日です。一方、PSMAは前立腺がん細胞の表面に発現しているタンパク質で、進行がんや転移がんで特に強く出ています。ルテチウムPSMA治療は、このPSMAに結合する物質に177-ルテチウムを付けることで、正常臓器にはあまり影響を与えずに前立腺がんを治療することができます。
ルテチウムPSMA治療の実際
 ルテチウムPSMA治療は、PSMAを発現している前立腺がんにしか効果はありません。このことを調べるために、PSMAの発現を確認するためのPET検査を行う必要があります。オーストラリアで行っている治療では、治療の前日にPSMA PET検査を行い、翌日にルテチウムPSMA治療を実施します。治療は、オーストラリアのパースがシドニーの指定病院で実施します。実際には点滴室で3時間ほどの点滴を受けるだけで、治療後は宿泊のホテルにお帰り頂きます。
 具体的には、到着の翌日に指定病院でPSMA PET検査を受け、その前後にオーストラリアの治療医の診断を受けます(日本人の通訳が付きます)。PSMA PET翌日に再度指定病院に行き、そこでルテシウムPSMA治療(点滴3時間)を受けます。その後、約2日間ホテルに滞在し、おおよそ治療3日目に帰国になります。
 
ルテチウムPSMA治療についての評価

 

第II相試験の結果から、Lu PSMA治療は高い効果と疼痛緩和効果が認められ、副作用はごくわずかだった。今後、標準治療との比較試験が待たれる。

This LuPSMA Phase II trial provides evidence of high response rates, pain reduction and low toxicity in men with mCRPC who progressed after conventional therapies. These compelling results indicate the need for randomised trials comparing LuPSMA to existing standard-of-care.

M Hofman, J Violet, S Sandhu… - Journal of Nuclear …, 2018 - Soc Nuclear Med

Lu PSMA治療は魔法の銃弾?

[177Lu]-PSMA-617 for targeted prostate cancer treatment: a magic bullet?

G Paganelli, U De Giorgi - The Lancet Oncology, 2018

アクチニウムPSMA治療(Ac-PSMA治療)
 PSMA治療には、ルテチウムのほかにアクチニウムを用いる方法があります。こちらの方がより強力ですが、核種が特殊なためにまだ世界でも実施できるところが限られています。
 2018年12月から、オーストラリアでもアクチニウム治療が実施できるようになりました。ルテチウムPSMA治療で効果が不十分な場合、アクチニウム治療の切り替えることも可能になり、治療の範囲が大変広がりました。
 

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus