PSMA標的治療(PSMA標的内用療法)

去勢抵抗性前立腺がんとは

 前立腺がんは、早期に適切に手術や放射線治療をすれば命にかかわることなく完治を目指すことができます。しかし、残念ながら再発してしまった例や進行した例では、通常、男性ホルモンの分泌を抑えたり働きを抑制するホルモン治療を行います。ホルモン治療を行ったにもかかわらず再発してしまったものを、去勢抵抗性前立腺がんといいます。去勢抵抗性前立腺がんに対しては、近年新しい薬剤が登場して治療の選択肢が増えていますが、それらの薬剤を使用しても再発進行してしまうがんがあります。そうなると、それ以上は進行を食い止める方法がほとんどないのが実情です。

ルテチウムPSMA標的治療(Lu-PSMA標的治療)

*​​まずは現在の主治医の先生への相談をお願い致します。

 ルテチウム は原子番号71の元素で元素記号は Lu、原子量は174.967の希土類元素の一つのです。177-ルテチウムはベータ線を発生する放射線元素で、半減期は6.7日です。一方、PSMAは前立腺がん細胞の表面に発現しているタンパク質で、進行がんや転移がんで特に強く出ています。ルテチウムPSMA標的治療は、このPSMAに結合する物質に177-ルテチウムを付けることで、正常臓器にはあまり影響を与えずに前立腺がんを治療することができます。

ルテチウムPSMA標的治療の実際

 ルテチウムPSMA標的治療は、PSMAを発現している前立腺がんにしか効果はありません。このことを調べるために、PSMAの発現を確認するためのPET検査を行う必要があります。オーストラリアで行っている治療では、治療の前日にPSMA PET検査を行い、翌日にルテチウムPSMA標的治療を実施します。治療は、パースまたはシドニー、ブリスベンの指定病院で実施します。実際には点滴室で3時間ほどの点滴を受けるだけで、治療後は宿泊のホテルにお帰り頂きます。

 具体的には、到着の翌日に指定病院でPSMA PET検査を受け、その前後にオーストラリアの治療医の診断を受けます(日本人の通訳が付きます)。PSMA PET翌日に再度指定病院に行き、そこでルテシウムPSMA標的治療(点滴3時間)を受けます。その後、約2日間ホテルに滞在し、おおよそ治療3日目に帰国になります。

ルテチウムPSMA標的治療についての評価

第II相試験の結果から、Lu PSMA標的治療は高い効果と疼痛緩和効果が認められ、副作用はごくわずかだった。今後、標準治療との比較試験が待たれる。

This LuPSMA Phase II trial provides evidence of high response rates, pain reduction and low toxicity in men with mCRPC who progressed after conventional therapies. These compelling results indicate the need for randomised trials comparing LuPSMA to existing standard-of-care.

G Paganelli, U De Giorgi - The Lancet Oncology, 2018

M Hofman, J Violet, S Sandhu… - Journal of Nuclear …, 2018 - Soc Nuclear Med

Lu PSMA治療は魔法の銃弾?

[177Lu]-PSMA-617 for targeted prostate cancer treatment: a magic bullet?

PSMA PET/CT検査

PSMA PET/CT検査とは

前立腺がん細胞に発現しているPSMAというタンパク質を特異的に調べる方法で、再発や転移を起こした前立腺がんの部位を診断することができます。その感度は、PSAが0.4ng/ml以上であれば診断ができるといわれています。

Rising PSA post-prostatectomy. PSA 0.9 ng/mL. CT unremarkable. 68Ga-PSMA-avid right pelvic lymph node.

スクリーンショット 2021-08-22 15.57.59.png

Diagnostics (Basel). 2018 Feb 11;8(1). Review of Gallium-68 PSMA PET/CT Imaging in the Management of Prostate Cancer.

Lenzo NP1,2, Meyrick D3, Turner JH4.

PSMA PET/CT検査の応用
1.根治治療後の再発転移の早期部位診断

 例えば、前立腺がんに対して手術や放射線治療をしたあと、PSAが上昇した場合、骨シンチやCTで再発や転移の部位を調べます。しかし、初期の場合は再発転移の部位が小さいために、それらの検査では部位診断ができません。そのため、過剰かもしれない全身治療となるホルモン治療を始めたり、手術部位に広く放射線を照射する治療を選択することが多いのが現状です。せっかく素晴らしい手術で尿漏れもなく男性機能も温存できたのに、これらの治療によって後遺症が残ることがあります。

 

 もし、再発転移の早期から部位診断ができれば、その部位だけに放射線治療や手術をすることで最低限の侵襲で治療をすることが可能になります。

 PSMA PET/CT検査により、早期の再発転移の部位診断をすることが期待されます。

2.進行がんに対するPSMA治療の治療前後評価

 近年その劇的な効果に注目を集めているルテチウムPSMA標的治療やアクチニウムPSMA標的治療ですが、その治療の前後にはPSMA PET/CT検査で治療の評価を行う必要があります。PSMAの発現の有無と強さによって治療の内容の検討がなされます。

3.PSA高値で前立腺癌が疑われる方での生検前の確認

 PSAが高いにもかかわらず、前立腺生検で癌が見つからないケースがあります。このようなときは、まずPSMA PET/CT検査で癌が存在する可能性を探ることに応用できます。また、PSAを定期的に測定して上昇した時に再生検を検討しますが、PSMA PET/CT検査は、再生検が必要かどうかの判断材料を提供します。全身状態や内服薬によっては、前立腺生検が簡単に行えない場合も多々あります。PSMA PET/CT検査は、身体に及ぼす影響が軽微なため、生検前の検査としても有用です。

オーストラリアでPSMA PET/CT検査のみを受けることもできます。

PSMA PET/CTの手順

まず、本サイトの問診欄にご記入ください。または、主治医の先生からご相談いただいても結構です。折り返しご返信させていただきます。

​ 検査は渡航当日でも可能です。病院には日本人通訳が待機してお手伝いいたします。検査後は画像ディスクを2枚もらえますので、帰国後1枚をセラノスティクス横浜あてにお送りください。正式な報告書とともに主治医の先生にご報告いたします。検査後は特に制限はございません。当日便で帰国も可能です。

*セラノスティクス横浜のスタッフは平日昼間は一般外来業務を行っております。電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

参考資料

ルテチウム-177 PSMA治療患者さん向けガイド

 ルテチウム-177 PSMA治療 患者さん向けガイド
PDFダウンロード

 ※2018年12月作成、現在実施している内容と少し異なります

ルテチウム-177 PSMA治療患者さん向けガイド(英語版)

 ルテチウム-177 PSMA治療 患者さん向けガイド 英語版
PDFダウンロード

 ※2018年12月作成、現在実施している内容と少し異なります

学会発表などの参考資料

 PSMAペットスキャンご案内

PSMAペットスキャンご案内
PDFダウンロード
参考資料1
参考資料2
参考資料3
参考資料4

治療 または 検査の手順

 

*現在コロナの影響で治療前後の滞在日数に変更があります。詳しくはCOVID-19関連のページをご覧ください。

*マレーシアでの治療は現在調整中です。オーストラリアでの手順について説明します。

PSMA標的治療の手順

1.問診票の記入と送付
  1. 本ホームページの「お問い合わせ」に相談内容を入力してください。

  2. 治療をお受けになりたい方は、その下の「問診票」にも記入をして送信してください。

  3. 折返し、電話かメールで概要をご説明します。

 

2.初回面談(有料)
  1. 受付クリニックを受診、またはオンラインで、セラノスティクス横浜の医師と面談していただきます。

  2. 主治医の紹介状、画像データなどをご用意ください。

  3. 治療について詳細を説明し、必要があれば、採血検査や超音波検査を実施します(保険診療で実施)。

3.正式登録
  1. オーストラリア医師と協議して治療が適切であると判断されれば正式な登録をさせていただきます。

  2. 正式登録費用をお振込ください。

  • 費用には、オーストラリアへの正式な紹介状等の書類作成および治療計画の協議、主治医の先生との情報共有、治療前後の病状の確認、渡航のサポートなどが含まれています。

4.渡航準備
  1. オーストラリアから、治療までのおおよその日程などの連絡が入ります。

  2. 渡航、治療のお手伝いをさせていただくコーディネーターをご紹介します。

  3. コーディネーターと一緒に渡航の準備を始めていただきます。

5.ビデオ診察
  1. 指定日時に、ご自宅か受付クリニックで、オーストラリア担当医師によるインターネットでのビデオ診察があります。
    *現地日本人通訳が付きますので、ご自宅でもご安心ください。

  2. 診察の結果、治療が妥当と診断されれば、最終的な治療スケジュールが決定されてご自身のメールアドレスに連絡が来ます。

  3. 受付クリニックの医師とコーディネーターにも連絡が来ますので、協力して治療スケジュールを組みます。

6.支払い
  1. 治療費用を、現地で治療を担当するジェネシスケアに支払います。

  2. 治療費には、事前のPSMA PET/CT検査費用、PSMA治療費、現地の日本人通訳の費用が含まれています。
    *航空運賃と空港でかかる費用、宿泊費、送迎は別になります。

  3. 航空券と宿泊先は、ネットの予約サイトや旅行会社にて、ご自身でご手配いただきます。

7.渡航
  1. 空港 → ホテル ⇄ 病院 ⇄ ホテル → 空港 
    と全行程で送迎を依頼できます。
    *送迎を依頼した場合は、空港までお迎えに上がります。

 



8.検査・治療
  1. 病院では日本人の通訳が付きます。

  2. 治療後は2日間ホテルに滞在します。

 

9.帰国

*現在コロナの影響で、治療前後の滞在日数、必要な手続きに変更があります。

*現在シドニー到着後は州政府の用意したバスで隔離ホテルへ向かいます。その後、政府指定の隔離ホテルで2週間の自己隔離となります。

スケジュール

PSMA治療 初回治療スケジュール

治療約30日前

 受付クリニック受診後に、受付クリニックの担当医師が患者さんの概要と希望日をオーストラリア へメールします。2日ほどで可否の返信が来ますので、紹介状を作成して正式にオーストラリアに依頼します。

 

治療約2週間前

最新の採血結果やその他書類をオーストラリアに送付します。

 

治療1週間前

QOL質問表記入
現地オーストラリアの治療担当医とインターネットでオンライン診療(Zoomを使用)。

 

治療2日前

 渡航します。

 

治療1日前

 PSMA PET/CT検査を受けます。

 

治療日

 PSMA標的治療を受けます。3時間ほどの点滴で、入院の必要はありません。

 

治療後1日目

ホテルで待機します。

 

治療2日目

 夜の便以降でしたら帰国できます。

*現在コロナの影響で、治療前後の滞在日数、必要な手続きに変更があります。

PSMA治療 2回目以降のスケジュール

治療は2か月おきに3〜4回繰り返して実施します。

(治療の度に帰国せず、3~4回の治療が終わるまで滞在することもできます。)

治療4週後​

採血、QOL質問表記入。

 

治療5週後

オーストラリア担当医とビデオ診察。

 

治療7週目

採血、QOL質問表記入。

 

治療8週目

治療実施。

*その後の流れは、初回と同じです。

PSMA PET/CT検査の手順

オーストラリアでPSMA PET/CT検査のみを受けることもできます。

1.問診票の記入と送付
  1. 本ホームページの「問診票」にご記入ください。

  2. 「情報提供書」をお送りください。

  3. 折返し、電話かメールでご病状やご希望の検査時期などについて、うかがいます。

 

2.お振込み
  1. セラノスティクス横浜宛に、正式登録費用をお振込みください。
    *振込人のお名前を忘れずにご入力ください。

 

3.検査依頼
  1. セラノスティクス横浜の医師が、必要な情報を英文で作成し、オーストラリア担当医へ提供します。

  2. 最適な検査方法などについて専門的に協議します。

 

4.渡航準備
  1. 検査費用のお支払い方法については、現在調整中です。

  2. 航空券、ホテル、ETAS(観光ビザ)の手配はご自身でお願いいたします。

  3. 送迎と通訳の手配はオーストラリアに依頼できます。

 

5.読影レポート
  1. 検査終了後、画像を記録したディスクを2枚受け取ります。

  2. 帰国後に1枚をセラノスティクス横浜へご郵送ください。

  3. セラノスティクス横浜の医師が確認し、正式な報告書を添えて主治医へご報告します。

体験談

 

これまでに渡航してオーストラリアで治療や検査を受けた方々は30人以上。

その中でT様よりお寄せいただいた体験談をご紹介いたします。 

T様   2020年3月

コロナウイルス感染拡大を受けて、オーストラリア政府が大幅な入国制限を開始する直前に渡航され、シドニーでPSMA PET/CT Scan検査をお受けになりました。 

シドニー体験談 詳細はこちらから

費用の概算

 
オーストラリアで治療を受ける際の目安になります。マレーシアでの治療は現在調整中です。

4)渡航宿泊費(ご自身で手配)

 渡航時期、滞在日数によって変わります。

5)現地送迎サービス

500~800オーストラリアドル

行程によって変わります。                          

      

​6)PSMA PET/CT検査のみの費用

 可能ですが費用は現在調整中です。

治療の流れに沿ってご説明します

1)初回面談料 33,000円(税込)

*お支払いは事前に銀行振り込みでお願い​いたします。

*オンライン面談をご希望の方も銀行振り込みでお願いいたします。

2)正式登録費用

PSMA治療 165,000円(税込)

PSMA PET/CT検査のみ 55,000円(税込)

*後日銀行振り込みでお願いいたします。

3)治療費(PSMA PET/CT、現地通訳費用を含む)

約20,000オーストラリアドル​(使用する核種により異なります。)

治療費は現地で治療を担当するジェネシスケアへお支払いください。
(現在、セラノスティクス横浜が代理受領できるよう調整中です)

*こちらの概算は2020年12月1日現在のものとなります。

コロナ禍に伴いオーストラリアでの治療価格に大幅な変更があります。ご了承ください。

費用の内訳とお支払い方法についてご説明します
1)初回面談料には次の内容が含まれます。
  1. 担当医師が個別に病歴や症状を伺い、治療/検査の可否や治療タイミングなどについて、これまでの経験と実績に基づきお話しさせていただきます。お手持ちの資料をできるだけご準備ください。主治医の情報提供書があればさらにスムーズです。現在、オンラインでの面談をお勧めしております。

  2. コーディネーターより渡航について詳しくご説明いたします。

 *主治医からの依頼によってPSMA PET/CTのみを希望される方は初回面談は不要です。

 *初回面談料は事前に銀行振込みにてお願いいたします。

2)PSMA治療にかかる正式登録費用には次の内容が含まれます。
  1. オーストラリア担当医との事前協議、治療期間中や治療後も随時情報提供して協議します。

  2. 英文紹介状作成

  3. 英文画像診断書作成

  4. 英文血液検査情報提供(治療期間、治療後を通して)

  5. 治療経過とPSMA PET/CT検査の結果を正式な報告書をつけて随時主治医に報告します。

  6. 渡航のお手伝い、ビデオ診察のサポートをします。

  7. オーストラリア担当医との初回ビデオ面談(日本人通訳付き)を含みます。
    *正式登録費用はセラノスティクス横浜の銀行口座へお振込みをお願いいたします。​

 
 

3)PSMA PET/CT検査のみの場合の正式登録費用には次の内容が含まれます。
  1. オーストラリア担当医との事前協議。

  2. 英文紹介状作成。

  3. 英文画像診断書作成。

  4. 英文血液検査情報提供。

  5. 画像診断の結果を正式な報告書をつけて主治医に報告します。

  6. 渡航のお手伝いをします。
    正式登録費用はセラノスティクス横浜の銀行口座へお振込みをお願いいたします。

4)渡航宿泊費

時期や航空会社によって価格に開きがありますので、旅行サイトや旅行会社などでご確認ください。

私共では実際のご手配は致しかねますが、これまでに患者さんがご利用になって評判のよいホテルなどの

ご紹介をしております。

5)現地送迎サービス
  1. PSMA PET/CT検査と治療を行う病院が異なる場合があります。送迎サービスは事前に確認して検査/治療を行う病院まで確実に送迎いたします。空港からホテル、病院往復、帰国時の空港まですべてをご送迎することもできますし、ホテルから病院までのみのご送迎もできます。
    ​*現地送迎サービスのお支払いは、直接ドライバーにカード払いでお願いいたします。

6)治療費には次の内容が含まれます。
  1. PSMA PET/CT検査費用

  2. 放射線専門医によるPSMA PET/CT検査評価

  3. 現地担当医による検査結果の説明

  4. PSMA治療前の血液検査

  5. PSMA治療
    ​治療費のお支払いは現地で治療を担当するジェネシスケアへ海外送金をお願いいたします。
    (現在、セラノスティクス横浜が代理受領できるよう調整中です)

**現在、オーストラリア入国には治療ビザ旅行制限解除の取得が必要です。**

治療ビザと旅行制限解除の取得は、オーストラリア政府のホームページを通じてご本人が申請する必要があります。私どもが手続きをお手伝いする場合は、治療ビザ申請サポート料5万円(+税)を申し受けます。

オンラインやご来訪で直接お手伝いすることもできますが、その際には追加料金を申し受けますので、ご了承ください。なお、市中の代行業者に依頼することも可能ですが、弊社からのご紹介はしかねますのでご了承ください。